ガス灯が照らす大正浪漫!冬の銀山温泉に行ってきたよ!【お宿編】

f:id:pirichan0309:20171010210347j:plain

今回は銀山温泉にある旅館、【瀧見館】さんについてのご紹介です!!!
温泉街についてはこちら!

pirichan0309.hatenablog.com

 

▼ 銀山温泉、旅館いろいろ

f:id:pirichan0309:20171010210912j:plain

その前に!
温泉街にある有名な旅館をさらっと!さらっと!!!紹介します!

まずは温泉街で一番有名なんじゃないか?ってくらい名が知られている【能登屋旅館】さん。国の登録有形文化財なだけあって、景観が凄い。能登屋旅館さんの前にかけられている赤い橋の影響からか、「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋みたい!!と言われることが多いです。

f:id:pirichan0309:20171003213236j:plain

もう1つ、有名なのが【古山閣】さん。
正面に飾られた壁画には日本の四季にそったテーマが彩られています。

お隣には、2017年にオープンしたばかりのイタリア料理が楽しめる新館(宿泊可能)があります!こちらはイタリア料理を修行して、温泉街に戻ってきた古山閣の若旦那さんがプロデュースしたものだそうです。なので新館では、山形県産の素材を使ったイタリア料理が楽しめます!

f:id:pirichan0309:20171003214148j:plain

それから、私の中で旅館候補にもなっていた【藤屋】さん。瀧見館さんを見つけていなかったら、本当にここにしていたかもしれない。

まず、見ての通り景観がすごい!*1
あと、5つの貸切温泉があったりします。お値段は少し高めですが1度でいいから宿泊してみたいな〜って今でも思います。
ホームページがマジ凄いから見てくれよな!

実際に宿泊したわけではないので本当にさらっと、上辺だけで申し訳ないです。銀山温泉には他にも素敵な旅館が沢山あるので、ぜひ調べて見てくださいね〜!

▼ お宿選び


f:id:pirichan0309:20171014190802p:plain

今回も死ぬほど悩んだ宿選び!!!
悩んで悩んで、乙女ゲームおばさんと何度も話し合って決めました。旅館を選ぶ時はお互いに「絶対に譲れないところ」を出し合うようにしています。でもこれ2人とも(主に私が)ワガママだからいつも場所が決まらね〜〜んだよな!!!

そして今回の銀山温泉で譲れなかった部分がこちら。

その1【雪見温泉に入りたかった】

f:id:pirichan0309:20171014183107p:plain

冬の銀山温泉で、雪景色を見ながら温泉に入りたかった!!!!


雪が見れない温泉なんて!!!
雪が見れない温泉なんて!!!
雪が見れない温泉なんて!!!


そういう気持ちでいっぱいでした。


その2【出来るなら部屋食が良かった】

f:id:pirichan0309:20171014183707p:plain

意外とお部屋で夕食をいただける旅館って今少ないんですよね。そりゃあ、部屋食って食事処での提供と比べたら、とんでもないくらいの労力を強いられます。効率も悪い。でもせっかく旅館に泊まるのであれば、可能ならば、お部屋でいただきたい!


その3【部屋数が少ない旅館が良かった】

f:id:pirichan0309:20171014190236p:plain

今回の旅行は観光とリフレッシュを兼ねているので、「部屋数が少ない旅館」という部分は譲れなかった!!!!!

というか単純に小心者だからスッゲ〜〜人がいるデッケエ〜〜旅館だと気後れするんですわ!!!!!!!!!あと、時間がズレれば温泉貸し切れる場合が多い!!!!

などなど、やかましい要望が飛び交いまくりましたが、(なかなか見つからないから)地団駄踏みながら検索して検索して検索して、ようやく見つけました。
こんな我が儘でウルセエお願いを全部叶えてくれる旅館があったのです。

▼ 瀧と蕎麦の宿「瀧見館」


f:id:pirichan0309:20171010213618j:plain

それがこちらの【瀧見館】さん!!!

雪見風呂もある!!その上、事前の相談で部屋食にしていただきました!!!!*2そして夕食は「尾花沢牛」と「山形牛」、2種類の地元産黒毛和牛を食べ比べ出来る贅沢なプランがあります!!!!!!!(これにかなり釣られた)部屋数は14室!!!!!!!

なんかもう、
ありがとッッッッッッ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:pirichan0309:20171010210347j:plain

そんな神・瀧見館さんですが、銀山温泉街の中にはございません!温泉街から徒歩5〜10分歩いた先にあります。離れた場所にある癒しの空間、まさに「別邸」って感じがしませんか!?!?こんなのは「離れ」ですよ、「離れ」!!!リフレッシュするにはもってこいの空間です!!!

もちろん温泉街から少し離れている分、送迎のサービスもございます。
事前予約制ですが、新幹線の最寄り駅である「大石田駅」から宿までの送迎あり!それだけではなく、夜の温泉街への無料送迎サービス(20:15発)もございます。ぶっちゃけ宿から温泉街までは近いので歩いて行けますが、送迎サービスがあるなら足腰が弱い方でも安心ですね!

また「瀧見館」という名前ですが、文字通り宿の前には立派な滝がございます!お部屋からはもちろん、温泉街に向かう際もこの滝を目にすることができます。

f:id:pirichan0309:20171014194744j:plain

旅館の入口にはウェルカムたぬき(?)がいます。
可愛いらしい顔で、おそらく観光客からいただいたであろう金を握りしめている。手に小銭を差し込まれているからか、金をせがんでいるように見える(邪心)

お前が手に握りしめている金額は給料日前の私よりあるから寄付はプライドが許さねえな(?)

f:id:pirichan0309:20171014195605j:plain

宿泊したお部屋はこんな感じです!
和室なんですけどベッドでチョ〜〜〜可愛い感じでした!!!!2名室にしては結構広かったです!

f:id:pirichan0309:20171014200007j:plain

f:id:pirichan0309:20171014200103j:plain

こちらはウェルカム蕎麦(?)を揚げたもの。
美味しかった!!塩で味付けされているからしょっぱくて、お酒のおつまみとかに合いそう!!!!手がとまらないお味です!!

▼ 絶景!瀧見館の展望露天風呂!


f:id:pirichan0309:20171014201350p:plain

そしてこちらが、瀧見館さんでお楽しみいただける「展望岩露天」です!

見渡す!!!!!
限りの!!!!!
山!!!!!!

雪山だっっっっ〜!!!!!!!!!!

あの、本当に夜も素敵なんですけど、昼!!!!昼に入ってください!!!絶対目の前の景色がひらけてというか、よく見えて、なおさら綺麗だと思うんです!!!思うんですってどういう意味かわかりますか!?!?私本当にバカだから夜にしか入ってないんですよこの温泉に!!!!!!明るいうちに入ったら絶対綺麗だった!!本当にバカだから日中は観光しかしてないんです!!!!!!

本当にバカだった〜!〜!!!!!!あ””””あ###”〜〜!!!〜!〜!〜〜!それだけが心残りなんです、この旅館で!!!!!!!!!!!!

f:id:pirichan0309:20171014202340p:plain

秋になるとこういう景色も楽しめるみたいです…。

ちなみに露天風呂の画像についてですが、流石に風呂場の写真を撮るという行為は、人がいる・いないに関わらず、モラルの問題だろうなと思い、撮影をしておりません。ただ、どうしてもこの景色はお見せしたかったので、瀧見館さんにご連絡してHPに掲載されている写真の転載許可をいただいております。ありがとうございます!

まあ言いたいことはただ1つ。
行くなら明るい時間帯も入ってくれよな!!!

▼ 山形牛と尾花沢牛を召し上がれ!
贅沢!和牛ステーキ食べ比べプラン!


f:id:pirichan0309:20171019195259j:plain

そして、ずっとず〜〜〜〜っと楽しみにしていたこの時間がやってまいりました!夕食です!!!やった〜〜〜!!!!

部屋に入るとテーブルにはなんと雛人形が!!!!
実は私たちが宿泊した日は3月2日だったので、翌日は桃の節句!年中行事にちなんでの食器だったんですね!素敵〜!

食前酒はグレープフルーツ酒!
サッパリスッキリ!美味しくいただきました!

▼ 前菜


f:id:pirichan0309:20171019220222j:plain

f:id:pirichan0309:20171019221429j:plain

実は雛人形の部分パカっと開けられるようになってます。超びっくり!!すごいカラクリだ!!!

パッと見て何がなんだか分からないのでお品書きに目を通します。でもお品書きを見ても分からないものは分からないんだよね〜!!!多分これかなっていうのに当てはめていきます!!!!


f:id:pirichan0309:20171019221543j:plain

① 南瓜豆富 味噌クリームソース
殿の下から現れたのはこちら!
南瓜とうふ〜!上はクコの実かな?黄色と赤で彩りがきれい!

② 干しこごみ油炒め
姫の下から現れたのは干しこごみ!
こごみって聞いたことなかったので調べてみたら山菜のようですね。こちらの山菜、上の部分が魔法使いが持ってる杖?みたいにくるっと丸まってるらしいのですが、調理後なので跡形もない。

③ 天豆海老挟み
わたし天豆ってあまり得意ではないのですが、海老は大好物なんです!!!得意じゃない+大好物=食べれる!!!(ポジティブ)ということで食べてみたのですが、普通に美味しかった!!!この2つ意外と合います!

④ 鰈(かれい)西京焼き
皆さん「鰈」って読めました?
私は読めなかったのでもちろん何の魚か分からないまま食べましたよ!

⑤ 蛸柔らか煮
タコーーーーーー!!!!!
愛してるーーーーーーーーーー!!!!

⑥ 紅芋満月
名前の通り芋です。
丸っこい芋を「満月」って言うの良いよね。

⑦ サーモンチーズかんざし
これ美味しくないはずなかった。
サーモン(美味い)+チーズ(美味い)=めっちゃ美味いんですよね。これ本当に美味しい。素晴らしい。毎日家で小腹が空いたときに食べたい。

⑧ 鳥松風
鶏のひき肉を使用した一品。
おせちにもよく入ってるらしいです!

▼ 御造り

 
f:id:pirichan0309:20171019224057j:plain

左から参ります!
メダイ!マグロ!!!
なんばん海老!!!紋甲烏賊!!!!
赤貝鹿の子!!!!!!!!!!!!!!!

簡単に言えば、メダイ!マグロ!海老!イカ!赤貝!

お品書きに「紋甲烏賊」とか「赤貝鹿の子」とかあって本当にチンプンカンプンだったんですよ!!!!もう何がなんだか分からないから、削除法で当てはめていくしかないんですよ、削除法で!!!バカだから!!!

「紋甲烏賊」は「もんこうちょうぞく」と読んでました。なんか鳥に似た海の生き物かと思った。なんかこう、プテラノドンみたいな生き物かなって(ドアホ)
「烏賊」ってイカって読むんですね!!は〜〜無知って怖え〜〜〜わ!!!

「赤貝鹿の子」に至っては「あかがい しかのこ」って読んでました。なんか赤貝の子…?みたいな…サーモンとイクラみたいな関係かと思ってました…。
これアレなんですね、「あかがい しかのこ」ではなく、「あかがい かのこ」って読むんですね。「鹿の子造り」と呼ばれる手法で赤貝に切り込みを入れて刺身にしましたよ〜〜!!って意味だったんですね。

このお品書きは私に2つのことを教えてくれた…勉強になりました!!!(アホ)

▼ 焼物


f:id:pirichan0309:20171019230940j:plain

f:id:pirichan0309:20171019231038j:plain

焼物は岩魚の塩焼きです!
この形状?で食べる魚ってメ〜〜〜ッチャ興奮しませんか!?!?!そのままパクっと思い切りいただきました!!

乙女ゲ〜ムおばさんはこういう魚が大好物なようで興奮してました!良かったね、おばさん!

▼ 煮物


f:id:pirichan0309:20171019232703j:plain

こちらは「吉次煮付け」
吉次(キチジ)という魚を使用していますが、「吉次」を聞き覚えのある言葉に言い換えれば「キンキ」となります!

吉次は11月〜3月の間が一番脂がのっていて美味しいらしく、まさに旬の食材ってわけですね!

▼ 食べくらべ


f:id:pirichan0309:20171019233345j:plain

そしてついに来ましたこの時が!!!
山形牛と尾花沢牛の食べ比べ!!!!!!!!

f:id:pirichan0309:20171019233507j:plain

岩塩、プルコギャン、2種のワサビをお好みでいただきます!個人的には岩塩がシンプルで一番美味しかったです!

f:id:pirichan0309:20171019233642j:plain

あとこれ本当に謝りたいのですが、どっちがどっちだか忘れてしまった〜!!!ガハハ!!!!!でもどちらが美味しかったというか、どちらが個人的に好みだったのかは、ちゃんと覚えてます!!!

私は尾花沢牛の方が好きでした!!!
変に臭みがない?というか柔らかくて、臭くないのにめっちゃ牛〜〜〜〜!!!!!!って感じでした!!!あの〜〜〜本当にボキャ貧でごめんなさい!!!許してください〜〜!!!

でもこれ本当に食べ比べてみると違いがよく分かります!面白いですね!みなさんも是非!

▼ 酢の物


f:id:pirichan0309:20171019234100j:plain

酢の物は「鰈南蛮漬」です!
これ前菜と一緒に出てきたんですけど、メチャクチャ美味しかった〜!!!!米をくれ〜〜!!米をくれ〜〜〜!!!って気分になりました。めっちゃくちゃ白米が食べたい!!!!!!!!箸がすすむ!!!

▼ 御食事


f:id:pirichan0309:20171019235914j:plain

「滝と蕎麦の宿 瀧見館」というだけあって、やっぱりメインはお蕎麦です!!!!尾花沢産の蕎麦粉を使ったお蕎麦はも〜〜〜〜モチシコ?していてメッッッッッッッッチャクチャ美味しい!!!しかも何が本気って夕食の時間に合わせて作りたて茹でたてなんですよ!!!!!!!!

さらにさらにさらに、
蕎麦のおかわりが自由!!!

サイコ〜〜〜じゃないですか!?!??!
なんだそれは!!!!!!!

実は瀧見館さん、宿以外にも蕎麦処があるので別の場所に宿泊される予定の方も、ぜひ蕎麦処で蕎麦をいただいてみてください!!美味しいんですよこれが本当に!!!もっかい食べたい、今このブログを書いている瞬間にも食べたい!!!

▼ デザート


f:id:pirichan0309:20171020001042j:plain

デザ〜〜トはラ・フランスのアイス!
これまた美味しい。キンキンに冷えたさくらんぼも最高なんだわ!!!これおかわりしたかった。

夕食は以上です!
品数たくさん!名物の蕎麦も美味しい!しかもおかわり自由!山形産の和牛を食べ比べることもできる!魚も食べれる!お腹いっぱい、幸せいっぱいな時間を過ごせました(*^^*)!

▼ 朝食


f:id:pirichan0309:20171020001755j:plain

f:id:pirichan0309:20171020001905j:plain

最後に朝食についてです。
瀧見館さんでは和食・洋食を選ぶことができます。私は和食を、おばさんは洋食をいただきました!

和食はおかずが多い!!!
これ写真に入ってない分もまだあります!!煮物とか!!!ご飯のおかわり自由なんですけど、ご飯が追いつかないんですよ!!!ご飯3杯くらい食べても、全然おかずがなくならない!!

朝からめちゃくちゃ食べれる人に向いてるかな…?

f:id:pirichan0309:20171020002220j:plain

洋食の写真をおばさんからいただきました。
いや洋食も結構量あるけどね。すごい朝食べる量じゃないよこれ!!!!でもなんかメチャクチャ美味しそうでした。和洋どっちも食べてみたかった。

f:id:pirichan0309:20171020002404j:plain

そして和食・洋食のどちらにも付いてくるのが左上にあるお米です。実はこちら、「おしんめし」と呼ばれる大根めしです。

なぜ「おしんめし」なのか。
実は銀山温泉、あのNHKドラマ「おしん」の舞台地として有名な場所でもあるんです。では「おしん」と「大根めし」、どういった関わりがあるのか。こちらも色々と調べてみると面白いですよ〜!

▼ その他もろもろ


f:id:pirichan0309:20171020004043j:plain

瀧見館さんについては以上となります!が!

最後となりましたが、旅館の皆さまには大変優しくしていただきました。新幹線が遅れてしまって、送迎の時間に間に合いそうにないときも早急に対応してくださいましたし、夜のロビーで気さくに話しかけてくださり、銀山温泉街について沢山のことを教えていただきました。

チェックアウトの際も、「バスの時間まで荷物をお預かりますよ」という一言だけではなく、「宿から温泉街まで距離があるので、また荷物を取りに戻るのは大変でしょうし、温泉街から近い蕎麦処で預かって貰えるよう連絡しておきます」との神対応。本当に感動しました。雪見風呂の写真掲載についても快くお返事をいただけて、本当に頭が上がらないです。

銀山温泉街とっても素敵でしたが、瀧見館さんに宿泊できたことで、より一層素敵な思い出になったと思います。機会があれば、今度は夏に!銀山温泉へ行く時にはまたこちらの瀧見館さんを利用したいなって思いました!ありがとうございました!

▼ リンク


瀧見館:http://www.takimikan.jp/

*1:景観についてはリニューアル当時、賛否両論があったそうですが、この辺りも色々調べてみると面白いですよ!

*2:混雑状況によっては食事処になる可能性もあります